まだ見ぬ旅の驚きを発見「旅のプロ、旅へ出る」 トクー!には、他にない特別なボーナスがあります。ボーナス支給条件はただ一つ、どこにも紹介されていない旅をして、皆様に紹介すること。
旅のプロ、旅へ出る

「旅のプロが旅へ出る」前にすること!! 両替 編



大好評の企画である「旅のプロが旅へ出る前にすること」の第5回の時間がやってまいりました。

さて、今回の第5弾は「両替」にフォーカスしてお送りしたいと思います。

両替」って銀行や両替所に行って、円を現地通貨に換えてもらうことだよね?ここで教えてもらう必要もないけど、と思っている皆さん。

おっしゃるとおりです。

円を持っていって現地通貨に換えるだけなのですが、これも若干テクニックがあり、現地で便利にお得に両替ができる方法があります。

これはそんなに複雑な方法ではないのですぐに実践できると思います。

まず、日本円から現地通貨への両替の方法は以下のものがあります。

1 日本国内での銀行や出発空港で現地通貨に両替する。
2 現地に到着してすぐに空港で両替する。
3 宿泊するホテルで両替する。
4 現地で街中の両替所で両替する。
5 現地のATMで国際キャッシュカードからキャッシング
6 現地のATMでクレジットカードからキャッシング

そして、両替の方法とともに考えなくてはいけないことがいくつかあります。

・両替の手数料:お得度
・利便性:簡単に両替できるか?
・安全性:安全に両替できるか?

さらに、国ごとに両替状況が変わるので、その国にあった方法を調べることも大切なのです。

ただし、いろいろな旅行を経験した結果、長くても10日程度の短期旅行であればほぼ1つの選択肢で問題ないかと思います。

それは6のクレジットカードのキャッシングです。

以下理由です。

1 日本国内での銀行や出発空港で現地通貨に両替する。
為替手数料がものすごく高い場合が多く、あまりメリットがありません。
現地について一銭も現地通貨がないと不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、その場合でも現地の空港で問題ありません。

2 現地に到着してすぐに空港で両替する。
これも手数料が高いです。
ただし、後述しますが、現地通貨もなく、クレジットカードも持っていない場合は身動きが取れないので、半日や1日分くらいを両替する方がいいでしょう。

3 宿泊するホテルで両替する。
これも為替手数料が高いのであえて利用するメリットはありません。

4 現地で街中の両替所や銀行で両替する。
国によっては一番手数料が安くなり、少しでもお金を節約したいバックパッカーやお金を大量に両替する必要がある長期滞在者にはメリットが大きいのですが、普通の短期旅行者がわざわざ電車を乗り継いだりして両替に行くのは時間が勿体ないのでお勧めしません。
ただ、手数料が安い両替所が自分のホテルに近いような場合は積極的に活用すべきでしょう。

ただし、基本的に営業時間は日中になるので、飛行機の到着時間によっては営業していない場合もあります。

5 現地のATMで国際キャッシュカードを使って自分の口座から現地通貨として引き出す。
基本的には手数料が高い場合が多いのと、そもそも日本の銀行のキャッシュカードは海外で引き落としできない場合も多いので、便利な方法ではないです。
海外で引き出し可能なカードを作ることもできますが、あえて準備する必要もないように感じます。

6 現地のATMでクレジットカードからキャッシング 本命!
手数料がもっとも安い場合が多いです。仮に負けている場合でもそれほど気になる差ではありません。
また、クレジットカードでキャッシングできるATMは空港はもちろんのこと、街中の至る所にありますので、時と場所を選びません。

ちなみに結構複雑なので両替にかかる費用を一括で「手数料」と括ってしまっていますが、この中には本来の意味の「手数料」と「ATMの使用料」、「金利(クレジットカードのキャッシング時)」等が含まれます。

ここでクレジットカードキャッシングの注意点を記載します。

・ATMに日本語表記がない
海外旅行初心者の頃に怖かったのがこれです。
英語ならなんとかわかるので恐る恐る操作した記憶がありますが、以下のVISAのマニュアルを見れば大丈夫です。

・海外で使えないカードブランドがある。
日本国内のカードブランドですと海外で使えない場合があります。
一般的な話でいうと海外の2大ブランド Master か VISA なら間違いないと思います。

・一度に引き出せる金額に上限がある。
ATMによっては一度に2万円程度しか引き出しができない場合があります。さらに、防犯のために同じ会社のATMだと1日の限度額が勝手に決められていることがあります。
ただし、そんなに多額の金額を引き出す必要がある場合はまれだと思うので、それほど気にしなくてもいいかと思います。

・利息がかかる(おおよそ年利18%)
クレジットカードのキャッシングは借金ですから利息の支払いが必要です。年利だと18%くらいになるケースが多いのですが、クレジットカードの支払いはほとんど1ヶ月に1度ですから、それほど大きな金額になりません。
しかも、早期返済もできるので、日本に帰ってきた直後に早期返済の手続き(カード会社に電話をして、返済したい金額を振り込むだけ)をすれば、実質的な利息が7日間のみで対応することも可能です。
ちなみに、私はいつも早期返済します。

もちろん、ここで紹介した方法よりも手数料が安い方法はありますが、かなり特殊な方法で別の手続きが必要になったりする場合もあるので、普通の旅行者にはこれで十分かと思います。

トクー!のサイトでも海外で便利なクレジットカードを紹介していますので、一度利用されてみてはいかがでしょうか?

トクー!が紹介するクレジットカードの一覧ページはこちらです。

マネーサービス
(ログイン後に利用可能です。)

皆さんの旅が世界へ広がりますように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です