まだ見ぬ旅の驚きを発見「旅のプロ、旅へ出る」 トクー!には、他にない特別なボーナスがあります。ボーナス支給条件はただ一つ、どこにも紹介されていない旅をして、皆様に紹介すること。
旅のプロ、旅へ出る

2015社員旅行 香港、離島で100万ドルの絶景を激写!?


今回、香港の離島めぐりを決行致しました!

まず、簡単に香港の紹介!

香港と言えば、まず思いつくのは、100万ドルの夜景ですよね~

皆さんはご存知でしたでしょうか??

香港は、島がとても多くて、香港島をはじめとして、その数 ナント!!!

236島にも及ぶのです(^^)/

もの凄い数ですよね~

この企画段階で、どの島に行こうかとメンバーで策を練りました。

島は、多いのだが、限られた時間の中でどこに行こうかと・・・

行く気満々の私たちに、打ち付けられる数々の現実。

島に行く船自体の手配が出来ない●~*

船が運航してても、運航数が少なすぎて、制限時間に帰ってこれない●~*

いわくつきの島で、とても興味があるのだが、麻薬患者の隔離病棟の島で、関係者以外渡航禁止(※安心してください。関係者になれば行けますよ!☮)●~* 

などなど

 

そして、意見がまとまったのが、坪洲島(ペンチャウトウ)です。

 

まずは、地下鉄で坪洲島行きのフェリー乗り場のある、中環(セントラル)駅を目指します。

 

香港の地下鉄。

香港らしく、様々なお国の方達がいらっしゃいますが、お見かけした所、インドネシアやインドの方がとても多いように見受けられました。

日本の地下鉄に比べ、若干幅が狭いのかな~混んでます(;^ω^)

 

そして、中環駅から徒歩7分ほどのフェリー乗り場に到着。

Img_2189

坪州島への料金は、大人15HKドル程(日本円で約230円)安いです!

乗車時間は、約30分の船旅です。

Img_2202

残念ながら、天気はいまいち・・・曇りの天候でした。

道中、感じたのは対岸に見える島の数々・・・やはり中規模の島が多く点在していること。

Img_2200

 

1441361135660

 

1441361168073

皆で、異国情緒に触れながら、ようやく目指す場所 ”坪州島”に到着!

 

1441361659814

Img_3917

Img_3739

これが、ペンチャウトウ!

まず第一印象。

香港の人ごみで、多少疲れ気味の私たちに与えてくれた安堵感、良い意味での田舎風景です。

そして、空気も良いし、海風も心地よい✨

あれっ!最初は、どうなるかとの心中も多少ありましたが、来てよかったじゃん~って

感情が芽生え、このほのぼの感がサイコーです。

 

ここで、ちょっと坪洲島の紹介。

あのトリップアドバイザーで、香港観光690軒中118位となんとも言えない中途半端な観光地。

香港市民さえ殆ど訪れない(用事が無い)玄人向けの謎の島。

 

というのは、冗談で(笑)真面目な話をしますと、島の総面積0.97平方キロメートルと小さな島。

島の人口は2,000人ちょっと。

20世紀初頭までは、石灰製造、マッチ工場や陶器の生産で、香港でも1番栄えていた産業都市だったそうです。

現在は、時代と共に廃れ、老舗の陶器会社が1社あるのみ。

100年以上前に建てられた古い家屋や工場の跡が所々にあり、昔のなごりが残ります。

島には、自動車が無いので住民は、徒歩か自転車での移動。

島には、手指山(95m)という最高峰があり、この島の1番の魅力ともいえる、絶景を堪能できます。

 

Img_3760

500_18735987

Img_2191この島で1番の ”永安街”という商店街。

狭い道の両側に、八百屋、魚屋、雑貨屋などが並びます。

1441361624614

約200年前(1798年)に再建された、海の神様 天后廟という寺院。

 

そして、今回、私たちが目指すのは、島の最高峰 手指山

95mの登頂です!

Img_3799_2ぼろぼろの家屋。

こんな場所にも、お住いの方がいるのですね~洗濯物が。。。

 

緩やかな坂を登り、観光を楽しみます。

最初は、95mなんてと思ってましたが・・・

行く手には、難関の階段が

32280927 果てしなく広がる階段・・・また階段

32280907山の途中で見慣れないものが!?

(調べてみたら、山火事用の火消し棒でした。)

 

何段も延々と続く、坂~~~

もう汗だくで、もう~ダメだぁ~と体力限界の僕らを励ましてくれたのは、階段から見える眼下の世界✨今回の目的である絶景なのでした✨

Img_2197

 

1441361380348

Img_2194

蒸し暑い最中、背中にびっしょりと汗をかいた僕らは、身体にむちを打ち、やっとのこと頂上に到着しました。

 

これが最高峰!登頂記念写真 !(^^)!

 

1441361448495

見よ!!!この雄姿

1441361433969自称 右42歳 左45歳(※事実、体力年齢 僕ら若手を励まし導いて頂きました。)

感謝!!!

 

1441361499099約15分程、登頂の喜びを分かち合い 体力の回復をまちます(笑)

なにせ、ホントに暑かったものですから。

でも、僕らの感想は1つ。

ここまで来てホント良かった~

今回の旅の目的であった、100万ドルの絶景をこの目に焼き付ける事が出来て!

(追記:天候は、曇りでしたが・・・)

おそらく香港に旅行に来て、わざわざここに来る人は稀だと思います。

けど、これも旅の醍醐味!

とっても良い経験をした僕らは、満足げでこの地を後にするのでした・・・

 

さて、今回95mの登頂で階段数はいくつでしたでしょうか??

 

帰りに数えてみました。

 

段数は、358段!!!

 

大した数ではないと思いきや、これは体感しないとわからない

なかなかハードでしたよ

 

1441361115999帰りのフェリーでは爆睡( ゚Д゚)ネムヒー

他の者は、無言で黄昏モード。

皆、お疲れの様子でした。

 

時間の関係上、島めぐりは1島のみでしたが、とても貴重な経験でした。

最後に言えることは、ただ1つ!

 

坪洲島サイコー!(^^)!

    ~やっぱりみんな島が好き~