まだ見ぬ旅の驚きを発見「旅のプロ、旅へ出る」 トクー!には、他にない特別なボーナスがあります。ボーナス支給条件はただ一つ、どこにも紹介されていない旅をして、皆様に紹介すること。
旅のプロ、旅へ出る

【総括】香港・マカオ社員旅行(先発組)


さて、社員旅行である。私自身この会社で2度目の社員旅行(1度目は沖縄)であるが、今回はなんと海外である。
しかもずっと行きたかった香港・マカオ。

7月下旬に全社集会でそれが発表されて以来、期待に胸高まる日々を過ごしてきた。
しかも今回は会社から記録係を拝命し、あらゆる事象をつぶさに記録せよ、との厳命が下った。
少々の重圧を感じるも、期待感の方が上回る。

今回の旅行は先発組と後発組の2組に分けての旅行となる。
私は先発組の記録係担当として様々な事象を記録してきた。
以下でご紹介する記録は膨大な量の画像データのほんの一部にすぎないが
でき得る限り報告していこうと思う。

先発組の大まかな行程は以下の通り。

2015年8月28日(金)
9:35 成田空港発
13:25 香港国際空港着
15:30 ホテル着
18:30 夕食後、2班に分かれそれぞれ夜市めぐり、夜景ツアーへ

2015年8月29日(土)
10:00 トクー!啓蒙活動(ポケットティッシュ配り)
13:00 3名1組5グループに分かれ趣向を凝らした観光 ※各グループブログ参照
19:00 後発組と合流し夕食会

2015年8月30日(日)
8:00 ホテルをチェックアウト
9:00 マカオへ出発
    到着後3班に分かれマカオ観光
18:00 香港へ

2015年8月31日(月)
1:00 香港国際空港発
6:25 成田空港着
9:30 就業開始

≪初日≫
【香港国際空港到着~夕食会場の様子】

Img_6995_3

Img_7005_3

Img_7015_2
空港から数台のタクシーに分乗し宿泊先のホテルへ向かったが
とあるグループは早速料金をぼったくられたそうだ。
早々に香港から手痛い洗礼を浴びる。
これぞ香港。
正規料金の倍額程度を手にしたその運転手はきっとその夜、
家族と豪華な食事をしたことだろう。

佐敦(ジョーダン)にあるホテルからほど近い所にある夕食会場の『金山海鮮酒家』。
広東海鮮料理の店である。

Img_7032_2

Img_7034_2

Img_7035_2

Img_7091_2
最も人気のあるメニューと言われている巨大なシャコ。
はさみで殻を切り、豪快に貪る。

Img_7051_2

Img_7060_2

Img_7115_2
【夜景ツアー】
夕食後、彌敦道(ネイザンロード)を香港島方面に徒歩移動し、百万ドルの夜景を堪能。
眩いネオンに彩られた高層ビル群を目の前にし、少々足元がふらつく錯覚を覚える。
(決して酔っているわけではない)

Img_7124_2

Img_7132_2

Img_7144_2

Img_7150_2

Img_7152
≪2日目≫
【ポケットティッシュ配り】
佐敦から銅鑼湾(コーズウェイベイ)へ地下鉄(MTR)で移動。
3000個用意したティッシュの半分程度を1時間ほど掛け配る。

Img_7185
その後トラム(香港名物2階建てバス)に乗り中環(セントラル)へ場所を移す。

Img_7187
中環は日本でいう銀座のような場所と言えばいいだろうか。
庶民的な雰囲気の銅鑼湾では比較的受け取ってもらえたが、
ここは明らかに歩いている人の佇まいが銅鑼湾のそれとは違う。

Img_7193

Img_7195

Img_7196

Img_7203
少々苦戦するも何とか残り半分の配り終え、現地ガイドお勧めの飲茶で昼食。

Img_7210

Img_7222

Img_7225
【後発組と合流し全員参加の大宴会(前半)】
1日遅れで到着した後発組と宴会会場である『稲香超級漁港』で合流。
開始早々尋常ではない数の赤ワインのコルクが抜かれ、これまた尋常では
ない勢いでほぼ全員の胃の中へ流し込まれていく。

Img_7294

Img_7305

Img_7310

Img_7360_2

Img_7362

Img_7384
この宴会中に同じく記録係を任命された後発組担当へ会社所有の一眼レフカメラ
を渡し、私の任務はいったん終了。

大宴会(後半)以降の報告は後発組担当が報告させていただく。