まだ見ぬ旅の驚きを発見「旅のプロ、旅へ出る」 トクー!には、他にない特別なボーナスがあります。ボーナス支給条件はただ一つ、どこにも紹介されていない旅をして、皆様に紹介すること。
旅のプロ、旅へ出る

香港の無人島で魚釣り! 自給自足にチャレンジ!


今回社員研修で訪れた香港で、男3人がチャレンジするのは、


 
『無人島で魚釣り!自給自足にチャレンジ』


ターゲットは、香港に数多く生息し、体長1mを超える“レッドドラム”。

この魚を釣りあげて、焼いて食べ尽くすのが最大の目的です。

 


さて、無人島で魚釣りチャレンジのその前に、もう一つのチャレンジがあります。

     それは・・・・・ 『香港でティッシュ配り』

香港のビジネス街で、

トクー!レンタカーのチラシを入れたティッシュを配りまくる!

こんな貴重な体験はなかなかできません。

 

 

ティッシュ配りメンバー3人のうち、1人は急きょ旅行会社営業で回ったので、

3人分を2人で・・・ノルマです。。T T

 

まずは、地下鉄の出入り口を確保。

相棒は昔取った杵柄で、アクティブに配って、あっという間にノルマ達成!

私は高齢のせいで、まだ1/3ぐらい残ってるのを、若い?相棒が助けて

くれました^^

 

みんな、意外と受け取ってくれるのには、ちょっとびっくりでした。

 

高齢の私は、それでも一生懸命に、“サンキュー、サンキュー”を繰り返しながら、

汗をかきかきティッシュを配っていると、さっきティッシュを渡した若い女性が

にこにこしながら、近寄ってきました。

 

ティッシュの代わりに、「これで汗を拭いてください♪」と、

年寄りを労わってくれるのかと思いきや(笑)・・・・・・・

豈図らんや、近づいてきたその女性は、

 

    なんと!!

    トクー!インバウンドレンタカーのお客様だったのです!

 

079

 

トクー!インバウンドレンタカーの利用は、香港の方が約半数いるとはいっても、

まさかここで声をかけてもらえるとは!!

 

お話を伺うと、香港在住の方でした。

 

遠い異国の地で、こんな♪サプライズ♪が待っていようとは!!  (T T)

もっともっと香港の方に利用していただけるよう、これからも頑張ります!

 

そんなサプライズもありながらのティッシュ配りを終えたのが、午後12時半ごろ。


今回の旅の締めくくりである、「無人島で魚釣り」の

実行目的地「西貢(サイゴン)」へGO!!

 

と、急いだものの、地下鉄のどの路線に乗ればいいか、さっぱり??

 

081

 

「彩虹」という駅から緑色のバスに乗って・・・・という事前情報。

なんとか路線の乗り場を見つけて、いざ!

 

1678

 

彩虹駅を降りると、バス乗りは意外とわかりやすいところに。

 

083


乗ってみると、これがまあ、運転が粗いというか、下手なのか上手なのか・・・

とにかくスピードを出すので、結構スリルありましたが。。。

 

082

 

40分ほどで目的地「西貢」へ到着。

「西貢」は、海鮮料理がおいしいリゾート地と聞いてましたが、

実際に行ってみると、なんだか昔なつかしい雰囲気のする港町です。

 

084

 

さて、真っ先に探したのは、そう、釣り具屋さん。

あった!意外とわかりやすい看板で。(笑

089_2


このあたりまで来ると、英語はほぼ通じません。

香港では釣り竿を使わず、釣り糸だけで釣るのがポピュラーとの情報があり、

そのスタイルで釣り糸と重りと餌を調達したいところでしたが、

聞きたい情報が伝わらなくて、苦労しました。^^;

 

086

 

1703

 

それでもやっと、道具一式を調達し、今後は無人島への舟を探しに。

無人島の名前は「橋咀洲(キュウツイチャウ)」

094

1687_2

 

いろんな個人の舟が出ているようですが、標準の料金がまったくなくて、

いったいいくらなのか、すべて交渉次第。

 

加えて、英語がほぼ通じないため、身振り手振りで説明するも、行き違い食い違い。

なんだかんだとやりとりしているうちに、わかったのは、無人島の橋咀洲

(キュウツイチャウ)では釣りができないらしい。。。。

 

                      「えっ?まじ??」

 

相手のジェスチャーから、

島の周りは岩場が多く、釣りには適さないらしいと読み取る。

 

             「じゃぁ、どうするの??」

 

結局、無人島の近くまで行って、舟の上から釣ることに・・・・。

           

             「あ、それもおもしろい!」

 

と、舟釣りに挑戦!

 

舟賃の相場感がまったくわからないのと、騙されては・・・と

思いながらも、時間がなくなってきたので、最終的に3人で500香港ドル。

 

無人島への往復と、舟釣り代をいれて、一人約2,500円。

う~ん、高い気もするけど、とにかく時間がないので、交渉成立。

 

さて、乗る舟はというと・・・・舟というよりはボート。。。

095

096

1743

 

1790

 

船頭さんは、体格の良いお母さん。。

 

   (大丈夫かぁ??・・・・・・・)

 

このお母さんに命を預けるには、

一抹の不安がありましたが、それこそ乗りかかった舟・・・・。

 

でもって、このお母さん、当然ながらまったく英語は通じない。

さらに、やたらと、威圧的なでかい声でさわぐさわぐ。

何を言ってるかまったくわからない。

 

にこりともしないので、不気味過ぎ。

仕舞いには、金をよこせ的なジェスチャーまで。


「はぁ?」 

        「さっき500香港ドル、払ったじゃん!」と、


日本語で反撃すると、なぜか通じた。。(苦笑

 

 

 

トイレ完備♪

1747

 

Img_0236


しかし、まあ、これが揺れるのなんのって、乗ったとたんに船酔い状態。T T

それでも、左に右に相当傾きながら、いざ無人島へ!

 

122

 

100


船酔いしながらも、とにかく、釣りに準備だ!

と、ここは釣りが得意のS君の出番!

 

102

 

3人分が用意できたところで、いざ!

 

餌は海老とミミズ。

 

124

125

 

これで、狙うのは、

「 レ ッ ド ド ラム 」 という、 日本にはいない、 肉食魚で小魚や甲殻類を

捕食する大型の魚!

 

105

103

Img_0239

 

この糸と餌だけで、大物を釣り上げる!!

なんて、ダイナミックなチャレンジだ!!

 

でも、糸が手に食い込んで、、、痛い、、、

もし、獲物がかかったら、やばい!どうする?

 

妄想を膨らませながら、釣り糸を垂れる3人。

 

なかなか、反応がない。。。舟は揺れる。。。気持悪い。。。

 

           がんばれ!

 

さすが、S君は、赤いグローブ持参! プロっぽい。

 

107


なかなかあたりが来ない3人。。

 

その時、私の糸に反応が!!

                    ついに 「きたか!」

 

思い起こせば、小学校時代に海釣りで、

タコを釣ったあの時以来のこの感触!!

 

糸をひっぱっては、ゆるめ、ひぱってはゆるめ、

慎重に、慎重に・・・・

 

「たぁての糸はあなた~♪ よぉこの糸はわたしぃぃ~♪」と

 

中島みゆきの「糸」を口ずさみながら、

 

悪戦苦闘するも・・・・・・

 

           「くそぉ!餌だけとられたぁ~~」 T\T

 

106


気を取り直して、餌を付け替えて、またポチャリ。

小一時間ほどのチャレンジも、釣果は・・・・・「ゼロ」 

 

密かにビギナーズラックを期待しましたが、残念!

 

お母さんに、「島へ行ってくれ」と、ジェスチャーすると、

舟の錨をあげろと命令される始末。(

 

S君、人生初の錨上げ。

 

112

 

 

さて、時間がないので、気を取り直して、無人島へ上陸へ。

 

126

 

113

無人島上陸はいいけど、このお母さん、ちゃんと30分後に迎えに

来てるれるかめちゃくちゃ不安でした。(さっきお金要求されて断ったので)

一生懸命「迎えに来てくれ~」とジェスチャーするも、お母さんはにこりともしない。。         舟は岸を離れていく。不安は募る。

 

まあ、ここまで来たんだ。あとは、なるようになれ!

最悪、泳いで帰るか。。。

とりあえず上陸。

確かに岩場が多い島。

118

 

こうなったら、開き直って、島探検。

115


でも、落ち着いて周りを見ると、結構人が上陸してました。

 

117

島の説明も、さっぱり?? (笑

 

        も、無人島初上陸達成!!

 

120


で、心配していたお母さん。

ちゃんと迎えに来てくれました。

  「ありがとう~~」

 

129

 

本当なら、このあと釣った魚を店で捌いてもらって、皆で海鮮を堪能する予定

でしたが、釣果が「0」の場合、夕飯なしのペナルティ&白酒で無人島上陸に乾杯!

ということにしていたので、


白酒を探すも売ってない・・・。

 

あとは、街の店でおもしろいものを探そうと、散策に出かけました。

 

1808

1810

133

134

135

 

093

 

田舎街ですが、マックとスタバがありました。

141

142

街を歩くと、白人が多いことに気付きます。

 

132

いけすは、至る所にあります。

ですが、結構高いです。

 

表通り、裏通り、いろいろ練り歩きました。

1812

 

1827

しかし、独特な匂いのする街でした。

でも、街の雰囲気はどこかノスタルジックで、

妙に落ち着ける雰囲気がありました。

 

140_2

1837

 

西貢は香港の中心部から、地下鉄とバスを乗り継いで、

約1時間30分ぐらいです。

 

今回は午後からの行動だったので、街を探索する時間が少なくなって

しまいましたが、午前中から行動すれば、華やかな香港都市部と違った、

若干リゾート感もある、港町の雰囲気が楽しめますよ♪